私の婚活体験記(結婚相談所編)2

瀬見結婚相談所です。

 

結婚相談所の入会してからの婚活です。

私の頃はインターネットの出始めのためHPから応募するというシステムではありませんでした。

毎月分厚い会報が届いて、その中から気に入った人が見つかったら担当仲人に気に入った人の会員番号を連絡して仲介して頂くというシステムでした。

会報には沢山の女性のプロフィールが掲載されており、目移りするような状態でした。一種の妄想ハーレム状態!

勘違いの嵐です。

早速会報を見てお見合いを申し込むための探検の始まり。

まずどこを見るか→外見=写真写りの良い人を見ます。そしてその後は年齢。当時の私の年齢は37歳、でも探すのは20代後半から30代前半。

婚活の罠にハマりまくりです。

そのハマったままの状態からお見合いにお申し込み。

それも沢山の人がいるので一気に30人に同時に申し込みました。

さて結果は、

当然全滅。

当たり前ですよね、自分のプロフィールが良くありませんから。

この時点で未だに気づいていません。

予備知識がないまま最前線の突っ込むのは愚の骨頂です。

はてさて、いつ気づくのでしょうか???

 

長い婚活の旅路はまだまだ続きます。

 

瀬見でした。